代表弁護士 松野絵里子 プロフィール

東京ジェイ法律事務所は、国内最大手の渉外法律事務所(長島・大野・常松法律事務所)で10年以上経験を積んだ弁護士が立ち上げた、身近で高品質な法律事務所です。
当事務所の名称は、日本の中のひとつのローカルな地域として首都をとらえるという意味と、世界の中の日本を意識して命名いたしました。現在、我が国のグローバル化、少子化に伴い、企業も個人も大きな価値観の変化が求められています。
そして、モノよりもポリシー・コンセプトへの共感が重視される時代へと変わっていくプロセスにあると思われます。
それとともに、法の役割、法律家に求められるサービスの質やといったものも時代に合わせた変革が求められています。
お客様のニーズに合わせ、迅速なリーガルサービスの提供、依頼者が求める前に求められることを感知する能力といった、これから法律家に求められるサービスを提供できるように努力を怠らないで当事務所を運営したいと思っております。
代表弁護士 松野絵里子

松野絵里子
【代表略歴】

1992年
モルガン・スタンレー証券
2000年
東京弁護士会: 2000年登録 (52期)
長島・大野・常松法律事務所
2010年
東京ジェイ法律事務所設立

東京大学 法学部 卒業
東京弁護士会所属
東京弁護士会法教育センター運営委員会委員
国際私法学会会員
アジア国際法学会会員
FINMACあっせん委員

facebookTwitter



司法書士 野村真美 プロフィール

認知症患者は2025年に700万人を突破し、65歳以上の5人に1人は認知症になるといわれています。
将来、あなたが認知症になった場合に備えて、任意後見制度を利用してみませんか?
任意後見制度は、あなたがまだ元気なうちに、将来認知症になったときのために後見人をあらかじめ選び、契約を結んでおく制度です。
あなたが信頼する人とあなたが希望する内容の契約を結んでおくことができます。
弊事務所では、じっくりと時間をかけて、あなたに合った任意後見契約を一緒に考えます。
任意後見制度で老後の安心を手に入れましょう。

野村真美
【略 歴】

1992年
日本電気株式会社(NEC)
1999年
司法書士城谷事務所(現SSJ司法書士法人:渋谷区)
2000年
司法書士試験合格
2002年
小竹・パートナーズ法律経営特許事務所(港区)、司法書士登録
2011年
東京ジェイ法律事務所

東京大学法学部卒業 東京司法書士会所属(第3565号)
簡裁訴訟代理関係業務認定第501148号
公益社団法人成年後見センター・リーガルサポート会員

ブログ 「 成年後見日記 」 → http://ameblo.jp/maminomura/



実践訴訟戦術 〜弁護士はみんな悩んでいる〜
事務所地図
弁護士司法書士プロフィール
法教育
ダイヤモンド&週刊金融財政事情
FINMAC
会社経営のリーガルナビ
報酬基準
お問合せ
当事務所が目指すもの