海外取引・海外進出

海外取引、海外進出をするためには、現地の関連法律を熟知する必要があります。そのためには現地法の弁護士のアドバイスを得る必要がありますが、その弁護士とのコミュニュケーションを補助することで、効率的な海外進出をサポートします。
海外進出のコンサルタントがいる場合でも、法的な議論を弁護士間で行うことで、よりよい理解・適切な判断ができます。
また、英文契約書(英語契約)は、日本語の契約書とは異なる点も多いため、経験のある弁護士の補助があれば、契約書締結前に内容を深く理解し、契約条件を調整すること ができます。英文契約書を締結される際には、経験豊富な当事務所の代表弁護士松野絵里子にお気軽にご相談ください。
サインしてから後悔しても始まりません。
ビジネス にとって必要な事項がきちんと網羅されているのか、思いもかけないリスクを負わされていないか、英文契約書は通常の日本の契約より長く、とても詳細な条項が入っています。気軽にサインすると後で思いもかけないしっぺ返しがあることもあります。ビジネスをチャンスに導くと伴に、大きな損失をもたらす可能性のあるのが「契約書」です。きちんとプロの目を通して見なおしてからサインするべきではあいでしょうか?
英文契約のレビュ-は、お見積もりをいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
海外進出・海外の会社との提携の場合、以心伝心の世界ではなく契約関係がすべての世界となることが多いので、国内の取引の何倍も契約の吟味が欠かせないことはご留意下さい。

会社経営のリーガルナビ


実践訴訟戦術 〜弁護士はみんな悩んでいる〜
事務所地図
弁護士司法書士プロフィール
法教育
ダイヤモンド&週刊金融財政事情
FINMAC
会社経営のリーガルナビ
報酬基準
お問合せ
当事務所が目指すもの